賃貸選びをする時は立地に注目?住みやすい環境を選ぼう


周辺にさまざまな施設があると便利

賃貸住宅選びをする時には、マンションやアパートの質だけでなくて周辺環境にも目を傾けるようにします。いくら選んだ賃貸住宅が設備が良くて快適に住める部屋でも周辺環境に便利な施設がないと生活が不便です。例えばスーパーやコンビニなどが近くないと買い物をする時に手間がかかりますよね。距離が遠いとわざわざ車やバイクなどに乗って出かける必要があります。しかし、スーパーやコンビニが近くにあると徒歩や自転車などですぐに買い物ができるので、急にお菓子や冷凍食品などがほしくなっても無難に対応できるでしょう。

また、近くに飲食店があると仕事などで自炊ができない場合でもすぐにご飯を食べる事ができます。周辺環境によって住みやすさが大きく違うので、注目しなければいけない部分です。

自然災害が起こりにくい賃貸住宅を選ぶ

賃貸住宅選びでは、立地に注目しなければいけないですがその1つが自然災害が起こりにくい住まいを選ぶ事です。例えば、日本では台風や梅雨などによって河川の氾濫や土砂崩れなどが起きます。もし、近くに大きな河川がある場合だと大雨などで洪水被害が起きて、床上浸水や床下浸水の被害にあう可能性があります。また、洪水でしばらく外出できない場合もあるので近くに大きな河川がない賃貸住宅を選ぶのがポイントです。また、近くに山があれば土砂崩れなどの被害にあう事がありますよね。

このように、近くに河川や山があると思わぬ被害にあってしまうのでなるべく避けるようにします。逆に、そのような自然災害が発生しにくい立地だと安心して住めます。

恵庭の賃貸物件の周辺は、空港が近いため、関東などの大都市圏へのアクセスにも大変便利です。また、花の街・水の街としても知られ、桜公園や恵庭渓谷などの名所をいつでも散策できます。