狭小住宅を建てるなら、注意すべきポイントを知っておこう!


狭い土地に建てるには法律上の問題をクリアする

狭い土地を有効活用して、理想の住まいを建築できるのが、狭小住宅の大きな魅力です。しかし狭い土地だからこそ、家を建てる際には気をつけるべきポイントが幾つもあります。例えば法律上の問題もその1つ。法律では敷地境界線から建物外壁までの距離を、少なくとも50センチメートル以上は確保することが定められています。いくら狭い土地だからといって、この法律を無視して土地いっぱいに家を建てることはできません。

同じく日照権の問題にも注意が必要です。狭小住宅では狭い土地を有効活用するために、3階以上の建物にするケースが目立ちます。建物の高さが上に延びるほど、周辺に影を及ぼす範囲も増えるため、日照権による制約も生じます。特に周囲に平屋や2階建てといった、低層階の住宅が目立つエリアであれば、法律に詳しい住宅メーカーや工務店とよく相談すべきでしょう。

防音やプライバシーの対策も忘れずに

狭小住宅のニーズは、大都市や駅前といった建物の密集が著しい市街地で、高くなる傾向がうかがえます。そのため狭小住宅の中には、隣の建物や目前の道路との距離が極端に短くなるケースも、決して珍しくありません。こうなると日常の生活音が外部に漏れたり、室内が他者の視線にさらされるなど、色々な不都合が発生しやすくなります。そこで狭小住宅の建築を検討するのであれば、防音効果の高い建築資材を取り入れたり、外部の視線からプライバシーを守るような間取りにするなど、あらかじめ設計にも様々な工夫や対策が求められます。

埼玉の注文住宅を安く購入するにはモデルハウスを購入することです。実際に展示が終わった商品を販売するもので購入する手間も省けます。