注文住宅の設計は何を重視すべき?ポイント・コツを解説


家の間取りを決めるコツ

注文住宅を自分で設計する際、悩む方も多いのが”住宅の間取り”です。リビングやダイニングはもちろん、寝室や収納などを一から設計するのは大変ですよね。そういった間取り設計をうまく進めるコツは、”動線を考えながら組み立てていくこと”です。例えば、初めに玄関を設置し、「そこからどのように動くのか」といった”生活のルーティーン”をイメージします。玄関からリビングに移動し、荷物を置いた後に入浴するのであれば、玄関近くにリビングを設置してその奥などに浴室を設置すると、スムーズに行動できますよね。そういった生活の動線をまず考えて、それに合わせて廊下や各部屋をの位置を考えていくと、間取りを決めやすくなるでしょう。

住みやすい家づくりには設備・機能性も重要

間取りの次に重要なのが、住宅の設備や機能性です。設備というのは、電気系統や水道設備のことを指します。施工業者にお任せすることもできますが、せっかく間取りを決めたのであれば、それに合わせて設備を考えていくのが良いでしょう。

住宅における機能というのは、いわゆる床暖房や断熱性のことです。こういった機能に関する設計も、注文住宅では行うことができます。暮らしやすい住宅を建てるためにも、断熱性や耐震性を高めた家づくりをしていくべきでしょう。ただし、機能を盛りすぎると当然ながら施工費も高くなるので、予算と相談しつつ決めていくのがおすすめです。

困ったときは工務店・ハウスメーカーに相談

素人が一から設計をすると、どうしても困る場面が出てきます。そんなときは、一度工務店・ハウスメーカーなど住宅設計のプロに相談してみると良いでしょう。特にハウスメーカーの場合、既に設計のサンプルがあることも多く、注文住宅を建てる際に役立ちます。

千葉の注文住宅は人気があります。都心へのアクセスが良いだけでなく、都内よりも土地価格が安いからです。土地代を抑えられれば住宅にお金をかけることができます。特に船橋市は人気のあるエリアです。