注文住宅の家造りや土地探しのポイントとプランの練り方のヒント


家造りと土地の環境について

一つの注文住宅がどんなにお洒落で格好良い造りであっても、街並みと調和していなかったり、個性的すぎて周囲の景観を悪くしてしまうと、悪目立ちしてしまうことや家の値打ちが下がることにも繋がりかねません。自らの土地で自由に家を建てることは勝手なことですが、美しい街並みや環境づくり、周りへの配慮も考慮することが大事です。そして、自分たちの希望する注文住宅が住みたい街並みにフィットするか、という点も土地探しのポイントの一つとなるでしょう。自然条件や法的条件、社会的条件などの様々な部分をチェックして家造りや土地探しをすすめていくと良いです。

注文住宅の家造りプランの練り方

土地を購入したら、いよいよ建物の設計づくりが始まります。まずは敷地のどこに建物を建てるかを考えていきましょう。どこへ建物を配置するかは、隣家との関係性を意識します。お互い仲良く暮らせるように、隣家との水廻りや寝室、窓の配置の確認は重要です。そして、家族が集まるリビングルームは部屋からの眺望や景観に着目して、間取りを考えていくのもよいでしょう。

このような敷地や建物、間取りの設計づくりは、家族で意見を出し合って、スケッチ帳にらくがきで手描きしながら、楽しく家づくりをすすめていくことをおすすめします。こういった家づくりのプランを記録に残すことで、業者の設計担当者に自分たちの理想のマイホームの形を伝えることができます。そして、家族の思い出の品物にもなりますし、記念に残せるでしょう。

3000万の家の中には、3階建ての洋館豪邸や別荘として楽しむ平屋など、様々なデザインの建築実例があります。